引越し料金の相場を知って、見積もりを安くする方法とコツ


マイホームを購入したら、いよいよ新居への引っ越しです。しかし、引越しにかかる費用は決して安いものではなく、時期やタイミングを見極めなければ、相場の倍以上の金額になってしまうこともあります。

マイホーム購入費用の1つでもある引越し費用を安く抑えるためには、引越し費用の相場や、安くなるタイミングを知っておかなければなりません。今回は、引越しの見積もりを安くする「2つの方法」と「2つのコツ」について、それぞれの注意点とあわせてご紹介します。


スポンサーリンク





管理におすすめの家具屋はこちら

方法1:単身パックを利用する

まず最初にご紹介するのは、各引越し会社が用意している「単身パック」というサービスです。単身パックとは、複数世帯分の引越しの荷物を、1台のトラックで1度に運び、運賃をひとまとめにすることで引っ越し料金を割安にしているサービスです。

例えば、単身者の場合、通常プランでは約8~12万円が引越し料金の相場ですが、単身パックなら約3万円程度に抑えることができます。ただし、単身パックの料金に抑えるためには、1つのコンテナにすべての荷物を収めなくてはなりません。もし、少しでも収まらない荷物があれば、コンテナをもう1つ追加しなければならないため、料金が2倍になってしまいます。

単身パックで安くなるとは限らない
荷物の多い子持ちのファミリー世帯では、単身パックよりも通常プランの方がお得になることもあります。

方法2:安い時期を選ぶ

990f4c7242fa7b1fe13743a57e2ff0b9_s
引越し料金は、選んだ時間や日にち、曜日に応じて安くも高くもなります。

引越し料金は、
・平日
・午前
・時間指定なし
のいずれかを満たすだけで、通常よりも安くなります。

また、引越し料金が安くなる「お日柄」もチェックしておきましょう。例えば、仏滅赤口などは、縁起が悪いという理由から引っ越しを避ける人が多く、引越し業者もこの日は料金を安く設定する傾向にあります。

一方、大安のような、いわゆる「良いお日柄」は、引っ越しする人が多いため見積もりが高くなってしまう恐れがあります。

また、引越しには「シーズン」があり、シーズン中は引越し業者にとって繁忙期となりますので、この期間を避けて引越しを行うことで、見積もりを安く抑えることができます。

引越しのシーズンは、進学や就職で多くの人が居住を変える2~3月です。この時期は引越し料金が通常シーズンの1.5~2倍になることもあり、引越しの予約すらままなりません。また、忘れがちですが9月も転勤などで引越しが多い時期です。マイホームの完成日にこれらの時期が差し掛かる場合は、早めに見積もりを取っておきましょう。

コツ1:正確な見積もりを取る

be2edb9f62264e37eb0048024992b8db_s
ここまでご説明したテクニックを活かすためには、引越し業者から正確な見積もりを取ることが大前提です。正確な見積もりを取るコツは、「引越しの内容を正確に伝える」ことに他なりません。

見積もりの作成を依頼すると、以下の内容を必ず確認されます。

引越し業者から必ず聞かれる質問
・引越しの距離
・引越し希望日
・荷物の量(段ボールの数、寝具の量、デスクやタンスなど大型家具の数)
・自転車の有無
・パソコンやテレビの有無と、保証加入の確認
・コート掛けボックスの要不要

これらの荷物は、数だけでなくサイズも聞かれますので、引越し業者へ電話をかける前に測っておきましょう。この他にも、大きな観葉植物や段ボールに納まりきらない特殊な形状の家具など、トラックの搬入時に邪魔になりそうなものは一通り伝えておくことをおすすめします。

コツ2:複数業者で相見積もりを取る

お日柄やシーズンで変動する引越し料金ですが、引越しの相場料金は、様々な条件が組み合わさって決定します。そのため、最終的な引越しの相場料金を知るためには、複数の業者から相見積もりを取って確認しなければなりません。

複数業者に見積もりを取るときは、必ず「すべての業者に同じ条件を伝える」ことを心がけましょう。なぜなら、同じサービス内容でも、引越し業者によっては無料の場合とオプション料金が発生する場合があるためです。例えば、「パソコンの運搬には保険の加入料が必要」とするところもあれば、「無料だが破損した場合は自己責任とする」ところもあります。

見積もりの手間を減らそう
1度に多くの項目を複数の業者に送信することができる一括見積りサービスなどを利用して、同じ条件を何度も伝えなくて済むようにすると良いでしょう。

まとめ

引越し料金の相場を知るためには、「引越しシーズン、お日柄、割安なサービス」の3つを把握しておきましょう。また、荷物の量や移動距離など、人によって条件が異なる引越しは、複数業者から見積もりを取って、ご自身の引越し条件の相場費用を見抜くことも大切です。



【注文住宅をご検討の方へ】

ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。


ココ→http://www.town-life.jp/



【土地建物売却予定の方へ・・・】

不動産を1円でも高く売るなら一括査定で比較見積もり!!
査定する側も比較されていると分かっているから高値が付く!!

http://lp.mochiie.com/


【リフォームをご検討の方へ・・・】

 会社によって提案力も千差万別・・・

リフォーム会社は手案力も千差万別です・・・
  それならまずは無料で色々な会社からプランの提案や見積書を貰って比較するところから始めてみると検討の幅も広がって面白いと思います。

 今なら無料の見積もりをお願いするだけで

ココ→https://rehome-navi.com/


外壁塗装をご検討中の方へ・・・

外壁塗装は値段で決めてしまうと、
後悔してしまうケースがあります

安い塗料で塗装してしまい外壁がすぐに汚れたりなど等・・・
結果的に、再度塗装するはめになって大失敗!!

でも実は、良い塗料を使って、値段を安くする方法があります。
実際に100万円近く金額が下がったという方もいらっしゃいます。

>>100万円お得に外壁塗装する方法とは?


【引越予定の方へ】

料金が高い引越業者を使っていませんな??雑なサービスをする業者を使いますか??
最短45秒で最安値の引越業者を見つけることができます^^

https://hikkoshizamurai.jp
いまなら最大10万円キャッシュバック中♪♪

住宅ローンをご検討中の方へ・・・

住宅ローンは、提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性があります。
住宅ローンの選定の再に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ審査申し込みをすることです。
【住宅ローン一括審査申し込み】なら最大11社の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能に!

20分程度の入力時間で、数百万円の節約に成功することも!?
住宅ローン一括審査申し込みはこちらから

2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか?
同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから
スポンサーリンク


↑管理におすすめの家具屋はこちら↑

合わせて読みたい記事

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます♪♪

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.