ニチハの外装板の特徴や性能は??【後悔しない為に】


ケイミューの特徴や性能の次は、ニチハの説明です。
ニチハの抑えるべきポイントは、5つあります。
ケイミューとニチハで悩む人も多いようですが、それぞれの特徴が理解できれば比較し易いと思います。最低限5つのポイントは抑えましょう。


スポンサーリンク


ニチハとケイミューを比較したページもあります。ご参考まで!!

ドライジョイント工法

ニチハは、外装材フュージュで2014年グッドデザイン賞を受賞しています。

外装材フュージュは、シーリングを使用しないドライジョイント工法でつなぎ目が目立ちにくく、超高耐候塗料とセルフクリーニング機能せ30年間の耐久性を実現しています。

外装板がきれいでも、シーリング材が汚れたり、ひび割れすると意味ないですよね。シーリング材を使わない工法は画期的だと思います。

ニチハドライジョイント工法画像【ニチハ公式HPより引用 http://www.nichiha.co.jp/】

●フュージュ商品ラインナップ 16mm厚商品

  • セレンシアル
  • セルクレール
  • ミラコロ
  • スライウッド
  • プリレート

⇒公式HP 商品詳細はこちらから

●ドライジョイント工法対応商品 18mm厚商品

  • ミラベルトストーン調
  • グラナダストーン調

⇒公式HP 商品詳細はこちらから

次世代インクジェット

目指すは、本物の風格です。次世代インクジェットを採用することで、不自然すぎる規則性をなくし、より自然に近い外装板になりました。

ニチハ次世代インクジェット画像【ニチハ公式HPより引用 http://www.nichiha.co.jp/】

外装板といえば、塗装があたりまですが、ニチハの場合は、印刷という考え方になります。印刷であれば、凹凸に関係なく自由に色や絵を描くことができるのです。

生産終了から10年対応
次世代インクジェット商品に限り、生産終了から、10年間は、2枚から注文可能です。どのタイミングで生産終了するか分かりませんが生産終了後も10年保証が付いているのは凄いと思います。

ナノ親水マイクロガード

ケイミューの親水セラと同じ機能をもつ外装板です。

ケイミューの親水セラとニチハのナノ親水マイクロガードは同等品です。※個人的見解です。実験等のデータがあるわけではありません。

マイクロガートは、藻やカビには効果を発揮しません。そのため、予め、防藻、防カビ材が配合されています。

ハイパーコート

ケイミューのセラミックコートと同等レベルのコーティングです。※個人的見解です。実験等のデータがあるわけではありません。
ニチハのハイパーコート商品は、変色、褪色10保証があります。

ニチハハイパーコート画像【ニチハ公式HPより引用 http://www.nichiha.co.jp/】

外壁は、性能の差が目に見えやすい建材商品です。安い商品だと、築数年で藻やカビで汚れたり、5年前後で色が褪せてきたりします。

どうせ塗装するからと割り切る人もいらっしゃいますが、内装建材のランクを落としたとしても外装に力を入れるべきだと考えています。

ソルガード

ソルガードとは、太陽エネルギーを反射させて建物を守る外壁材です。

室内空間を快適にすることで、節電効果が生まれますし、外装板自体の温度を下げることによって、ヒートアイランド現象を押せえることにも繋がります。

ソルガードの比較実験では、外装材の表面に約10度の遮熱効果があったそうです。10度も違うのには驚きですね。

まとめ

マイホームは外装板の色や柄によって、印象が変わります。外装板を選ぶ時のポイントとしては、まずは仕上がりのイメージをもつことが大切です。
インターネットで検索すると沢山の施工事例がでてきますので、可能な限り目を通し自分のイメージに合う外装板をピックアップしましょう。

デザインは、厚みと性能別に同じ柄の商品が多くありますので、ご自分の好みで問題ありません。性能に関しては、どこまで求めるのか決めなければいけません。

価格は、ケイミューに強い工務店、ニチハに強い工務店があると思いますので、確認してみましょう。

ブログ内でケイミューを解説したページがありますので、そちらも参考下さい。




【注文住宅をご検討の方へ】
ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

今なら無料の見積もりをするだけで、

ココ→http://www.town-life.jp/

「成功する家作り7つの法則」も貰えます。


【リフォームをご検討の方へ・・・】
 会社によって提案力も千差万別・・・

リフォーム会社は手案力も千差万別です・・・
  それならまずは無料で色々な会社からプランの提案や見積書を貰って比較するところから始めてみると検討の幅も広がって面白いと思います。

 今なら無料の見積もりをお願いするだけで

ココ→http://www.town-life.jp/reform/

 「成功するリフォーム7つの法則」も貰えます


2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか?
同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます♪♪

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.