絶対に知っておきたい、無垢フローリングの塗装について!


無垢のフローリングは木を保護する為にも塗装が必須になります。それぞれの塗料に一長一短ありますので、まずは特徴を理解しましょう。


スポンサーリンク


なぜ塗装が必要なのか?

塗装は、フローリングを保護し耐久性を高める為にも必要なものです。無塗装のまま使用し飲み物(ワイン・コーヒー等)をこぼすと一発でシミになります。また、普通に生活していたとしても、四隅が黒ずんできたり等の汚れも考えられます。

塗装することで、好みの色や経年劣化を楽しみたい場合などにも有効です。塗装の方法によっては、無垢の素材感を残しつつ保護してくれる塗料もあります。

塗料を選ぶ

【ガチガチに保護し素材感を残す】という完璧な塗料は残念ながらありません。ご自分の好み等から優先順位をつけていくことが必要です。

塗料には大きく分けて2タイプあります。

浸透性塗料

浸透性塗装画像
浸透性塗料とは、オイル塗料や蜜蝋ワックス等です。木の表面をコーティングするのではなく、内部に浸透し木を守ります。

浸透性塗料は、無垢の素材感をそのまま残しつつ保護するタイプの塗料です。足の裏に木の暖かさを感じたり、木の香りを残すことができます。

ですが、無垢の耐久性という意味では、コーティング系塗料に劣ります。表面をコーティングしている訳ではありませんので、ちょっとした衝撃で傷つきます。

メンテナンスは1年に1回前後です。傷やシミはつきやすいのですが、紙やすりで汚れを削り、オイルや蜜蝋ワックスで簡単に補修できます。浸透性塗料は、経年劣化を楽しみたいという人におすすめの塗装です

【こんな人におすすめ】

  • 木そのものの素材感を味わいたい、経年劣化を楽しみたい人
  • こまめに手入れすることで、長持ちさせたい人
  • LDKだけは自然塗装にしたい人
コーティング系塗料

2015-01-28_222009
ウレタン塗装など、木の表面に塗膜をつくり木を守ります。

光沢があり見た目がキレイな仕上がりになります。木の表面をコーティングするので、傷やシミ等の耐久性に優れています。ですが、万が一傷が入ってしまうと、補修が大変です。日頃のメンテナスは楽になりますが、20年前後で張替えが必要になるかもしれません。(使用方法や環境で異なる)

また、表面をコーティングしてしまいますので、木の素材感は失われてしまいます。足の裏に感じる温度も冷たくりますし、香りも残りません。
【こんな人におすすめ】

  • 光沢があるフローリングを求めている人
  • 細かな傷や汚れが嫌いな人
  • メンテナスする時間がなく忙しい人
  • 着色し自分好みの色をつけたい人

一般的に多く出回っているのは、コーティング系の無垢フローリングです。工務店がクレームを嫌がり勧めないのか?お施主さんが、メンテナスフリーを望んでいるのか、正確には分かりませんが、販売店に勤務している経験上、8割の方はコーティング系塗料を選ばれます。

【実際に納品した西南桜】
20141204_164220

まとめ

どちらの塗料にも一長一短あります。無垢のフローリングを検討中の方は、サンプルを取り寄せて、実際にご自分の目と身体で質感等を確認しましょう。サンプルはブックサンプルではなく、1枚ものを頼むと良いでしょう。

⇒人気の無垢フローリング!種類や特徴を解説します。
⇒無垢フローリングの常識的デメリット
⇒【無垢材】オスモカラーで塗装&ワックス!価格や評判は?




【注文住宅をご検討の方へ】
ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

今なら無料の見積もりをするだけで、

ココ→http://www.town-life.jp/

「成功する家作り7つの法則」も貰えます。


【リフォームをご検討の方へ・・・】
 会社によって提案力も千差万別・・・

リフォーム会社は手案力も千差万別です・・・
  それならまずは無料で色々な会社からプランの提案や見積書を貰って比較するところから始めてみると検討の幅も広がって面白いと思います。

 今なら無料の見積もりをお願いするだけで

ココ→http://www.town-life.jp/reform/

 「成功するリフォーム7つの法則」も貰えます


2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか?
同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます♪♪

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.