【建具編】ノダの評判やコンセプトは?~ビノイエ~


株式会社ノダは建具やフローリング等の住宅建材のメーカーです。ノダの評判やコンセプトを解説します。


スポンサーリンク


ノダのコンセプトは?

ビノイエ画像【ノダ公式HPより引用 http://www.noda-co.jp/】

一昔前は値段は安いがデザインがダサいと言われていましたが、現在は、デザイン性・機能性が改善され安くてカッコイイと評判です。

ビノイエ(内装建材シリーズ)のコンセプトは、デザイン性、使いやすさ、耐久性を重視しています。

質感へのこだわり

前シリーズのアトリアと比べると木目がリアルに表現されるようになりました。建具は、シート貼りですが、天然木を忠実に再現しています。

節や入皮、縮杢等の天然木がもつ風合いをリアルに表現しています。

機能性 レバーハンドル

ビノイエのレバーは15度の角度で開閉ができます。小さなお子さんでも楽々の操作性です。

跳ね上がったレバーハンドルは、デザイン性も高くシャープなイメージです。

⇒詳しくはノダ公式HP
 

 

ソフトクローズ機能
前シリーズのアトリアでは、オプションだったソフトクローズが標準装備になりました。
耐久性

表面のシートは特殊加工がされているので、子どもさんがクレヨンや油性ペンで落書きしてもタオルで拭き取るだけで簡単に汚れを落とします。

ビノイエ建具 イメージ画像

【建具関係:オーク柄ライト色 フローリング:ナチュラルフェイス エルムライト色】

ビノイエ建具イメージ画像【ノダ公式HPより引用 http://www.noda-co.jp/】

【建具関係:チェスナット柄ブラック色 フローリング:ネクシオハードアッシュ柄ホワイト色】

ビノイエ建具イメージ画像2【ノダ公式HPより引用 http://www.noda-co.jp/】

【建具関係:チェリー柄 フローリング:ナチュラルフェイスチェリーミディアム色】

ビノイエ建具イメージ画像3【ノダ公式HPより引用 http://www.noda-co.jp/】

シリーズ情報

ビノイエシリーズ以外の製品。

アートクチュール

アートクチュール画像【ノダ公式HPより引用 http://www.noda-co.jp/】

アートクチュールシリーズはラスティックデザインを採用した建具やフローリングです。カフェスタイルや手作り感のある家が好きな人におすすめです。

詳しくは別ページで解説。⇒アートクチュールの建具やフローリングの特徴は?


ルシーボ

ルシーボイメージ画像【ノダ公式HPより引用 http://www.noda-co.jp/】

ルシーボは都会的なイメージの建材製品です。スタイリッシュなインテリア空間を好む人におすすめの商品です。

詳しくは別ページで解説。⇒ルシーボの評判や特徴は?!

評判は?

「安くて高品質だ!」等など、まずまずの評判です。無垢材にすれば良かったという人もいらっしゃいますが、他メーカーもシート貼りですから、造作するかウッドワン等の無垢メーカーを使うしかありません。

まとめ

建具だけでなく、複数社のメーカーを比べる場合は、必ず同等品を比べないと意味がありません。
具体的には、丁番のデザイン、シートの質感や見た目、シートの巻き込み等をチェックすると良いでしょう。

現物を見たほうが良い
実物を見て決めるようにしましょう。カタログやネットでは分からない、質感・見た目があります。



【注文住宅をご検討の方へ】
ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

今なら無料の見積もりをするだけで、

ココ→http://www.town-life.jp/

「成功する家作り7つの法則」も貰えます。


【リフォームをご検討の方へ・・・】
 会社によって提案力も千差万別・・・

リフォーム会社は手案力も千差万別です・・・
  それならまずは無料で色々な会社からプランの提案や見積書を貰って比較するところから始めてみると検討の幅も広がって面白いと思います。

 今なら無料の見積もりをお願いするだけで

ココ→http://www.town-life.jp/reform/

 「成功するリフォーム7つの法則」も貰えます


2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか?
同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます♪♪

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.