【2015年】国土交通省の住宅エコポイント 詳細を徹底解説♪


2年半前の住宅エコポイントをベースに2015年住宅エコポイント(省エネ住宅ポイント制度)が再び始まります。基本的には1回目、2回目がベースに作られている制度ですが、初めての方でも理解できるように、出来るだけ分かりやすく解説します。


スポンサーリンク


概要

【概要】
●平成26年度補正予算:805億円
●平成27年度予算100億円予定 合計905億円予定
●契約期間:平成26年12月27日~平成27年11月30日
●工事着手期間:平成26年12月27日~平成28年3月31日
●ポイント発行申請:平成27年3月10~11月30日まで

新築は最大30万ポイント、リフォームは最大45万ポイント

工事着手期間と発行申請
工事着手期間が平成28年3月31日までですが、ポイント発行申請の期間は、平成27年11月30日までです。ご注意下さい。

原則、工事完了後にポイント発行申請ですが、新築と1,000万円を超えるエコリフォーム(大規模)の場合は、完成まえに申請が可能です。(完了後に完了報告が必要)

制度の対象になる工事とは?

【新築】
①トップランナー基準相当
②一次エネルギー消費量等級5(低炭素基準相当)
③一次エネルギー消費量等級4(平成25年基準相当)
④断熱性能等級4(平成25年基準相当)
⑤省エネルギー対策等級4(平成11年基準相当)

比較的狙いやすいのは、⑤断熱性能等級4です。③・④の方が基準が高いのでより良い家といえますが、外皮計算等が必要になりますので、お施主様の経済状況に応じて基準を選ぶことをおすすめします。

※第三者機関からの証明を受ける必要があります。
【代用できる必要証明書】

  • フラット35S適合証明書
  • 省エネ住宅ポイント対象住宅証明書
  • 住宅省エネラベルの適合書
  • 設計住宅性能評価書
  • 建設住宅性能評価書
  • 低炭素建設物新築等計画認定通知書
  • 低炭素建築物新築等計画に係る技術的審査適合証
  • 長期優良住宅認定通知書
  • 長期優良住宅技術的審査適合証
【リフォーム】

①~③のうち、いずれか1つ以上のリフォーム工事が必要です。
①窓の断熱工事(ガラス交換、内窓設置、外窓交換)
②外壁、屋根、天井又は床の断熱改修(部分断熱も対象)
③設備エコ改修(エコ住宅設備3種類以上)
④1~3のいづれかの工事に併せて実施する工事(バリアフリー、耐震改修、エコ設備設置、リフォーム瑕疵保険への加入)
⑤既存住宅購入を伴う場合のポイント加算

※エコ住宅設備や断熱製品は、登録製品のみが対象です。ご注意下さい。

ポイントはどうなるのか?

2015-02-16_235639
新築最大30万ポイント、リフォーム最大45万ポイントが貰えますが、実際に交換できる商品は何があるのでしょうか?

交換できる商品は、1.省エネ環境に配慮された商品、2.地域復興に関連するもの、3.全国で使える商品券・プリペイドカード、4.環境寄附・復興寄附があります。※商品の詳細は後日、国交省のHPに公表されます。

もう一つの利用用途として「即時交換」があり、発行されたポイントで、追加工事費用に充当することができます。例えば、30万ポイントが発行されるエコ住宅の新築した場合、30万円分キッチンをグレードUPすることができます。

キッチン、ユニットバス、特に決まりはありませんので、お好きな箇所をグレードUPすることができます。※工事完了後に施工業者へ現金で支払われます。

【お問い合わせ先】
省エネ住宅ポイント事務局
TEL:0570-053-666
HP:http://shoenejutaku-points.jp/

疑問解決Q&A

簡単に利用する方法はありますか?
文字で読むと難しく感じますが、実際は簡単にエコポイントが貰えます。

例えば、お風呂の改修工事をした場合、窓の断熱改修(サッシ交換orガラス交換等など)+高断熱浴槽、節湯水栓の取り付け。これだけでエコポイントが貰えます。

クリナップ、タカラ等、どのメーカーでも大抵の商品はクリアしています。

外皮計算ができません。
正直な話、専門家か建築士さん等しか計算できません。かなり複雑です。平成25年基準相当の新築を建てる場合は、設計料が高くなると思います。
他の制度と併用できますか?
新築の場合は、地域ブランド化事業やゼロ・エネルギー住宅推進事業、ネットゼロ・エネルギーハウス支援事業、住宅・建築物省CO2先導事業が併用できません。

リフォームの場合は、ゼロ・エネルギー住宅推進事業、ネットゼロ・エネルギーハウス支援事業、既存住宅・建築物における高性能建材導入促進事業。自立防災型高効率給湯器導入援補助金、高齢者住宅改修事業が併用できません。

エコ設備を3種類以上とありますが?!
エコ住宅設備の改修工事では、3種類以上の設置で、ポイント対象となりますが、他の工事と併せて工事することで、エコ設備単体でもポイントが加算されます。

例えば、トイレの窓改修(断熱)で権利が発生しますので、併せて節水型トイレを設置すると、24,000ポイントが追加されます。

窓の断熱改修や外壁、屋根、天井又は床の断熱改修を絡めることで、エコポイントが発行可能となります。

まとめ

難しそうに思えるエコポイントですが、新築もリフォームも比較的簡単にポイントを貰うことができます。

詳しい内容まで把握する必要はありませんが、制度の概要を理解し損しないようにしましょう。詳しい内容や制度概要は工務店さんが調べることです。

但し、知らなかったから損したでは取り返しがつきませんので、簡単な概要だけは抑えておきましょう。案外、簡単なリフォームも対象になります。




【注文住宅をご検討の方へ】
ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

今なら無料の見積もりをするだけで、

ココ→http://www.town-life.jp/

「成功する家作り7つの法則」も貰えます。


【リフォームをご検討の方へ・・・】
 会社によって提案力も千差万別・・・

リフォーム会社は手案力も千差万別です・・・
  それならまずは無料で色々な会社からプランの提案や見積書を貰って比較するところから始めてみると検討の幅も広がって面白いと思います。

 今なら無料の見積もりをお願いするだけで

ココ→http://www.town-life.jp/reform/

 「成功するリフォーム7つの法則」も貰えます


2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか?
同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます♪♪

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.