【パナソニック】ユニットバスの特徴や口コミ・価格は?必見♪


美しくなるバスルームがキャッチコピーのパナソニックのユニットバスですが、特徴や口コミ・価格を解説します。


スポンサーリンク


【パナソニック】ユニットバスの特徴

エステケアシャワー

パナソニックステケアシャワー画像【パナソニック公式HPより引用 http://panasonic.jp/ 】

「マイクロバブル」をご存知ですか?シャワーから出る水に空気を含ませることで発生させるパナソニック独自のシャワーです。

マイクロバブルの大きさは、直径わずか45マイクロメートル、肌表面についた汚れに付着し洗い流してくれます。肌表面には、空気が残りますので、汚れが付着しにくいお肌になります。マイクロバブルの洗浄率は99.8%です。(※パナソニック独自調べ)

展示会などでは比較体験できるように機器が設置してあります。展示会やショールームで是非体験してみてください。感動のレベルだと個人的に思っています。

節水効果もあります
パナソニックの従来商品と比べると、約15%の節水効果があります。手元の一時停止ボタンも節約につながります。

美泡湯が本当におすすめ♪

2015-03-08_224238【パナソニック公式HPより引用 http://panasonic.jp/ 】

美泡湯の為にパナソニックを選ぶという人がいるほどです。私も美泡湯の為にパナソニックを選びます。

お湯に酸素を含んだミクロ泡が身体を優しく包み込み、身体の芯から温めしっとり肌を保ちます。

エステケアシャワーは直径45マイクロメートルでしたが、美泡湯の直径は約18マイクロメートルです。白く見えるのは酸素を含んだ泡で白く見えるのです。

肌の滑らかさや保湿力が保てる理由は、角質層の水分量が増加するからです。私も体験会で入浴させてもらいましたが、普通のお湯との違いを1回の入浴ではっきりと感じることができました。

普段の私は熱めのお湯で入浴します。しっかりと温まらないと嫌だからです。ですが、美泡湯であれば、ぬるめの39度前後でしっかりと温まります。

湯冷めしないので、就寝するまでの時間を快適に過ごせます。販売店として1つのメーカーを褒めちぎることはしないようにしてますが、美泡湯に関しては本当におすすめです。

フラットラインLED

パナソニックフラットラインLED画像【パナソニック公式HPより引用 http://panasonic.jp/ 】

パナソニックは元々電材メーカーですから、照明関係に長けています。

照明は、見た目や雰囲気に関係しますので、人によって興味の有る無しが分かれると思いますが、照明好きにとっては最高のお風呂になると思います。

掃除がしやすい

パナソニックは見た目だけでなく、主婦目線の戦略で売上を伸ばしています。システムキッチンでもご紹介しましたが、ちょっとした工夫で掃除がし易い作りになっています。

最近のメーカーは五分五分?!
最近のユニットバスは各社共に掃除し易いように工夫されています。清潔性やお掃除に関しては五分五分だと思います。

商品別価格の目安

Lクラス

ココチーノNEWLクラス画像【パナソニック公式HPより引用 http://panasonic.jp/ 】

パナソニックの最上級ランクのユニットバスです。高級感・機能性・清潔性全ての項目で文句なしのユニットバス。

ラクジュアリータイプ、スーペリアタイプ、ミニマルタイプがあり、定価、100万円~149万円前後+工賃※1616(1坪タイプ)オプション無し

エンドユーザー価格は、定価の80%前後+基本工事費15~20万円前後です。(価格は工務店によって異なります。)


リフォムス

リフォムスユニットバス画像【パナソニック公式HPより引用 http://panasonic.jp/ 】

リフォームに最適な製品「リフォムス」です。システムキッチンとユニットバスの両方にリフォムスがあります。

リフォーム用ですが、機能性優れたとても良質な製品です。定価、110万円~200万円まであり、Lクラスと変わらない定価設定です。

エンドユーザー価格もLクラスと同等です。


オフローラ

パナソニックオフローラ画像【パナソニック公式HPより引用 http://panasonic.jp/ 】

ココチーノSクラスの後継の新製品オフローラです。以前のSクラスは、美泡湯がオプション選択できませんでしたが、オフローラは美泡湯などのオプションが選択可能となりました。

お金がある人には、Lクラスをおすすめしますが、私はオフローラを選びます。美泡湯を使えるならオフローラで十分だと考えています。

定価は、ベースプランで80万円前後※1616(1坪)です。仮に、美泡湯、エステケアシャワー、フラットラインLED(調色)をオプション選択したとしても、1616サイズで99万円前後とおすすめです。

エンドユーザー価格は、定価の65%~80%+基本本体工事費(15~20万円前後)です。※工務店の仕切り価格や工事費により異なります。


まとめ

個人的には、ユニットバスはパナソニックと決めています。

それぞれのメーカーに良さがありますから、自分がどの部分を優先させるのか決めなければいけません。私は、美泡湯を優先しました。

本音を言えば、パナソニックの美泡湯、TOTOのカラリ床、クリナップの床夏シャワー、タカラの鋳物ホーロー、全てが揃ったユニットバスにしたいです。

全ての要望が叶うことは現実的ではありませんので、優先順位をつけ決断していくしかありません。

こちらもご参考下さい。⇒皆が選ぶユニットバスランキング




【注文住宅をご検討の方へ】
ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

今なら無料の見積もりをするだけで、

ココ→http://www.town-life.jp/

「成功する家作り7つの法則」も貰えます。


【リフォームをご検討の方へ・・・】
 会社によって提案力も千差万別・・・

リフォーム会社は手案力も千差万別です・・・
  それならまずは無料で色々な会社からプランの提案や見積書を貰って比較するところから始めてみると検討の幅も広がって面白いと思います。

 今なら無料の見積もりをお願いするだけで

ココ→http://www.town-life.jp/reform/

 「成功するリフォーム7つの法則」も貰えます


2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか?
同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます♪♪

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.