【DIY】アイカキッチンパネルの厚みや切り方・見切りは?


タイルよりも掃除がしやすくて、比較的安いキッチンパネルは、施工の難易度も低いことから人気のDIYです。中古住宅や築年数が経過した家など、出来る部分は自分でDIYしたいですよね。


スポンサーリンク


キッチンパネルの規格は?

アイカキッチンパネル
キチンパネルは、アイカが有名ですが、どのメーカーの製品規格も基本的には同じです。

キッチンパネルの通常規格は、厚さ3mmの3×8(910×2455mm)です。一部の柄で、3×6や3×9がありますが、生産されている種類は少ないので、3×8で施工すると考えておいて下さい。

3×6だと天井に届きません。
3×8であれば、1枚で天井に届くケースが多いのですが、3×6だと繋がないと天井に届きません。3×8でも届かないことがありますが、その場合は応用が必要です。

キッチンパネルの施工方法は?

下地材は?

既存がタイルの場合は、基本的にタイルの上から施工が可能です。但し、不陸が目立つ場合や、タイルが一部でも浮いている場合は剥がしてから施工しましょう。

下地材としては、6mmケイカル板やフレキ等がオススメですが、12mmの石膏ボードでも問題ありません。

キッチンパネルを加工するには?

丸ノコの刃を変えてカットする方法もありますが、粉が大量に舞うので、DIYならアクリルカッターで十分です。

アクリルカッターは、ホームセンターで500円~1000円前後で売ってあります。サイズが色々ありますが、大きめの方が切る時に疲れないのでオススメです。

カットするときは、定規を当てて、何度か往復させます。切り込みに合わせて何度か折り曲げると「パキ」と折れますので、紙やすりで仕上げます。

両面テープと専用ボンド

必要サイズで加工した次は、両面テープを張り、専用ボンドを塗布します。外周も忘れずに塗布しましょう。
外周を塗布していないと、浮きの原因になります。ご注意下さい。

仕上げはジョイナー、目地はジョイナーかコーキング

仕上げはコの字型のジョイナーで仕上げ、目地は、平目地のジョイナーかコーキングです。
目水が掛かるような場所はコーキング処理をした方が良いでしょう。ジョイナーやコーキングもホームセンターに売ってあります。

キッチンパネルの金額は?

沢山の会社がキッチンパネルを販売していますが、アイカの場合だと、1枚8,500円から15,000円前後が相場です。
ネットで検索すると、2枚入りで2万円がありました。




【注文住宅をご検討の方へ】
ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

今なら無料の見積もりをするだけで、

ココ→http://www.town-life.jp/

「成功する家作り7つの法則」も貰えます。


【リフォームをご検討の方へ・・・】
 会社によって提案力も千差万別・・・

リフォーム会社は手案力も千差万別です・・・
  それならまずは無料で色々な会社からプランの提案や見積書を貰って比較するところから始めてみると検討の幅も広がって面白いと思います。

 今なら無料の見積もりをお願いするだけで

ココ→http://www.town-life.jp/reform/

 「成功するリフォーム7つの法則」も貰えます


2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか?
同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます♪♪

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.