1000万円で家が建つのか?注文住宅で夢のマイホーム実現!!


1,000万円前後で家を建てたいと考えている人も多いようですが、ネットの情報を見ていると賛否両論あるようです。
本当に1,000万円前後で家が建つのか!出来る限り分かりやすく解説したいと思います。


スポンサーリンク


1,000万円で家が建つのか?

a1180_012098
そもそも1,000万円で家が建つのでしょうか?

結論から言えば、1,000万円の住宅は建築可能ですが、ある程度、妥協しなければいけない部分もあります。

その妥協点が許容できるのであれば、1,000万円の家も十分に価値があるものだと私は考えています。

妥協して良い項目

水回り

458a56d07031a4eb095105c364a1dadd_s
水回りにこだわりがある人には向きませんが、水回りを展示現品で揃えたり、ランクを一番下まで落とす方法があります。

例えばクリナップでランクを一番下に下げた場合、ラクエラという商品になりますが、ミドルクラスのクリンレディとの違いは、ラクエラは木製キャビネットでクリンレディはオールステンレスのキャビネットです。

確かにオールステンレスの方が良い品物ですが、一昔前のキッチンは全て木製キャビネットでした。(タカラ除く)それでも、木製キャビネットのキッチンを20年以上使い続けていませんか?

ステンレスだろうがホーローだろうが、20年以上経過すれば型落ち感が強くなり、お金に余裕がある人はリフォームするし、使い続ける人は壊れるまで20年でも30年でも使い続けます。

木製キャビネットだからといって、10年~20年前後で壊れるような品物ではないと思っています。

外装板

外装板比較違い画像
ケイミューの光セラや親水セラ、パワーコート、ニチハのマイクロガード、ハイパーコート、ソルガード等など、外装板には沢山の種類がありますが、一昔前の外装板にそんな機能は無かったんです。

一昔前の外装板は、12mm厚でただ塗装してあるだけの品物が多かったのです。
それでも当たり前に建っていますよね?

例えばケイミューの一番下のランクを選ぶと、14mmの親水コートになります。紫外線から守るコーティングは付いていませんが、雨で汚れを落とす機能が付いています。何でもかんでも昔と比べれば良いという訳ではありませんが、十分な機能だと思います。

とは言え・・・私は・・・
十分な機能だと言いましたが、個人的には外装板はパワーコートやハイパーコート、ソルガード等の機能が付いた商品が良いと思います。

色落ちや汚れなどで数十年後に塗装しなければいけないからです。もちろん、高性能の外装板を張ったとしても、塗装が必要かもしれませんが、14mm親水コートよりは保ちが良いと思います。

妥協してはいけないとまでは言えませんが、お金に余裕があれば良い物を使ったほうが良いでしょう。

建具・床材

d13166ad01a93f5c212239c5800d0fc6_s
建具は一番安いメーカーを使いましょう。
安いメーカーといえば、「永大産業」「LIXIL」「ノダ」あたりになると思いますが、どれもデザイン的にも性能的にも良い商品です。

工務店・ハウスメーカーによって安く仕入れができるメーカーが異なります。必ず確認しましょう。

床材に関しては、ノンワックス品ぐらいであれば問題無いと思います。
A品でグレードが高いけど、廃盤予定などがあれば半値前後で手に入ることもあるので、色やデザインが合えばおすすめです。

将来的に品物が無いと困ると言う人もいますが、現行品でも5年から、残っていても10年で殆どの商品は廃盤になると思います。

妥協してはいけない項目

断熱材

断熱関係は絶対に妥協してはいけません。

吹き付け断熱や3種などの高性能品を使う必要まではありませんが、壁天井にはカネライトやスノフォーム、グラスウール100・50ぐらいは最低でも使うようにしましょう。

省エネ基準の義務化があると・・・
今はまだ、断熱材を抜いたり、等級を落としたりできますが、2020年省エネ基準の義務化が始まると一定レベル以上の断熱材を使うことが義務化されます。

現在は、義務化ではなく努力義務です。

材木

材木画像
材木を全てグリーン材で建築すれば価格は落ちますが、グリーン材で家を建てると木の収縮や木が痩せてしまうことで、ボルトが緩んだり、壁紙の四隅が破れることがあります。

土台などは桧の1等品や2等品(正寸ではない品物)で十分かと思いますが、梁桁・母屋など、構造躯体には「KD材」や「集成材」を使うようにしましょう。

相見積もり必須

注文住宅で坪単価を下げたい場合は相見積もりが必須になります。
見積が1社だけでは内容を理解することもできませんし、もしかすると割高で購入することになるかもしれません。

実際に150万円~310万円もの金額が相見積もりした結果安くなったという事例もあります。
相見積もりを取ることで、自分の勉強にもなりますし、工務店・ハウスメーカーの得意不得意も分かるようになります。

●こちらもご参考下さい。
⇒みんなが選ぶハウスメーカーランキング♪坪単価や評判は?

⇒新築の坪単価の相場?安くて良い建物を建てるには?【注文住宅】

⇒大手ハウスメーカーの坪単価一覧表【徹底比較】

まとめ

経済力や価値観、物価等など、人それぞれ違います。マイホーム新築で最も大切なことは、建てた後の生活です。

無理のない範囲でマイホームを建て、家族幸せに生活することが一番の理想だと思います。

ただし、ローコスト住宅を謳っている会社の中には、粗悪品を売りつける悪い会社があるのも事実です。欠陥住宅で後悔しないように、信頼できる複数社の会社から見積を取るようにしましょう。

最初の印象が良くても、相見積もりで印象や考え方が一変することもよくある話しです。




【注文住宅をご検討の方へ】
ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

今なら無料の見積もりをするだけで、

ココ→http://www.town-life.jp/

「成功する家作り7つの法則」も貰えます。


【リフォームをご検討の方へ・・・】
 会社によって提案力も千差万別・・・

リフォーム会社は手案力も千差万別です・・・
  それならまずは無料で色々な会社からプランの提案や見積書を貰って比較するところから始めてみると検討の幅も広がって面白いと思います。

 今なら無料の見積もりをお願いするだけで

ココ→http://www.town-life.jp/reform/

 「成功するリフォーム7つの法則」も貰えます


2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか?
同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます♪♪

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.