ZEH住宅を手に入れたい!見積りはどの業者で取るべき?

2015-09-04_213220

エネルギー消費量とエネルギー生産量の差がほぼ0に等しい、
省エネ性に非常に優れた「ZEH(ゼッチ)住宅」は、
高い光熱費削減効果をもたらします。

しかし、手に入れるためには高額な建築コストを覚悟しなければならず、
どの業者に見積もりを取るべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そんなZEH住宅を納得して建てるためにも、見積もりを取る前に、
ZEH住宅に優れたメーカーと、その特徴を把握しておきましょう。

ZEH住宅は建築コストも高額

b8309574442a0d4821a3c2e35ff46f75_s
ZEH住宅の省エネ性は、エアコンや照明など生活で消費するエネルギーを、
太陽光発電などの創エネ設備で生み出したエネルギーで、
相殺することによって実現可能となります。

ですので、消費するエネルギーを節約するためには、
従来よりも高い断熱性を備えた家を建てなくてはなりません。

しかし、ZEH対応の断熱性は並の金額では作れず、
さらに、太陽光発電やHEMSなどのオプション機器の分も含めると、
約300~600万円の費用が必要です。

もちろん、ゼロエネルギー化が無事達成できれば、
年間の光熱費コストは非ZEH仕様の住宅に比べて数百万円近く節約することができ、
高い建築コストも数年で回収することができます。

しかし、万が一ゼロエネルギー化が思うように実現できなければ、
投じた高い建築費用の恩恵を満足に受けることができませんよね。

このような事態を避けるためにも、次の項目では、
ZEH住宅を任せられるメーカー選びの条件について解説します。

ZEH住宅を任せられる業者の条件

8a5e58d3fc326047edc878e3152cce8f_s
ZEH住宅を安心して依頼するためには、
以下の2つの条件を満たす業者が望ましいと言えるでしょう。

・ZEH住宅の建築コストが安定している
・ZEH住宅の建築実績が豊富である

この2つの条件は、相互に作用して成り立っています。

ZEH住宅の実績が豊富であればあるほど、
部材の流通ルートや断熱性の計算にかかるコストを抑えるために、
独自に合理化が進めてられている傾向にあると言えるでしょう。

ZEH住宅に強い工務店・HMの見積りはこちらから

ZEH住宅に定評のあるハウスメーカー

それではここからは、建築コスト・実績ともに、
ZEHに造詣が深いハウスメーカーを3社ご紹介します。

積水ハウス

【積水ハウス公式HPより引用 sekisuihouse.com】

数あるハウスメーカーの中でも、
ZEH住宅に最も取り組んでいるのが積水ハウスです。

2014年に請け負った住宅のうち59%がZEH住宅というその数字からも、
メーカーの意気込みが感じられます。

積水ハウスのZEH住宅の特徴は、
他のハウスメーカーがあまり採用しない「エネファーム」を、
積極的に取り入れている点と言われます。

エネファームとは、従来は捨てられていた排熱を再利用して、
効率の良い熱供給を実現する給湯暖房機です。

積水ハイムは、このエネファームと、
高い断熱性を併せ持った住宅商品「グリーンファーストゼロ」によって、
太陽光発電だけでは達成が難しいゼロエネルギーを、多くの家庭で実現しています。

セキスイハイム

【セキスイハイム公式HPより引用 sekisuiheim.com】

セキスイハイムでは、太陽光発電・HEMS・蓄電池の3点を備えた
「スマートパワーステーション」というZEH標準仕様の商品を、
2013年より展開しています。

セキスイハイムは元々、太陽光発電による、
光熱費削減のメリットをアピールしてきたメーカーです。

「スマートパワーステーション」を発売する前から、
「ミライクラス」という高断熱のZEH仕様住宅に取り組んできたことからも、
省エネ性に優れた家づくりに前向きな姿勢が伺えます。

一条工務店

一条工務店は、なんと言っても断熱性と気密性で、
高く評価されているハウスメーカーです。

そのため、特別な断熱コストをかけずとも、
従来の一条工務店の工法でZEH仕様に近づけることができます。

【一条工務店公式HPより引用 ichijo.co.jp】

゛超ZEHモデル”と称した「i-シリーズZero」は、
3層ペアガラスのサッシや、
外壁の内外に充填された発砲プラスチック系断熱材「EPS」など、
標準的な仕様を上回る充実の断熱設備を搭載。

接地費用を売電収入で後払いできる太陽光「夢発電システム」など、
ZEH住宅の建築コストにも配慮した家づくりも、注目すべきポイントです。

いま検討しているメーカーはZEH住宅に強い?

もしかすると、この3社以外で、
すでにZEH住宅の見積もりを検討している方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、今回ご紹介したメーカーが、
「なぜZEH住宅に定評があるのか」を理解しておくと、
この3社以外で見積もりを取る際も、その知識を役立てることができます。

上記3メーカーがZEH住宅に強い理由を読み解くと、
以下の点にお気づきになると思います。

1.断熱性が元々優れている
2.様々な省エネ設備の知識を持っている
3.家の省エネ性が、住む人の喜びに繋がることを理解している

特に1と2は、メーカーのこれまでの歩みによって大きく差が出る箇所です。

ZEH住宅が登場する前から、断熱性・省エネ設備に積極的に取り組んできたか
過去の実績や施工事例、創業当時の業務内容などから、慎重に見極めましょう。

まとめ

極論を述べると、高い建築コストをかけ、大容量の創エネ設備を用意すれば、
どのメーカーでもZEH住宅を建てることは可能です。

しかし、それではZEH住宅を無理やり建てたという意識が強くなってしまい、
ゼロエネルギーが達成できたとしても、真の喜びは得られないかもしれません。

見積もりで納得できたメーカーでZEH住宅を建てることができれば、
住んだ後に生じる光熱費の節約効果も、より高く実感することができますよね。

ZEH住宅の見積もりを取るときは、
今回ご紹介したZEH住宅に強いハウスメーカーの特徴を参考にしながら、
複数社を比較してみましょう。

ZEH住宅に強い工務店・HMの見積りはこちらから

ZEH

zehとは?補助金がもらえる?【ネット・ゼロ・エネ・ハウス】

「ZEH(ゼッチ)」の正式名称は「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」です。「ゼロ・エネルギー・ハウス」の頭文字のアルファベットを取ってこう呼ばれています。このZEHを建て、申請を行う事によって補助金を受け取る事ができます。 「zehとは?補助金がもらえる?【ネット・ゼロ・エネ・ハウス】」の続きを読む…

ZEH

H28年度地域グリーン化住宅に追加された性能向上計画認

2016-06-30_212539

「平成28年度地域型グリーン化住宅事業」では、昨年度から新たに4つの変更点が追加されました。そのうちの1つが、「性能向上計画認定住宅」です。性能向上計画認定住宅とはどのような住宅の事なのか、また、認定を受ける事によってどのような補助が受けられるのか、ご紹介します。 「H28年度地域グリーン化住宅に追加された性能向上計画認」の続きを読む…

増税前に新築した方が本当に良いのか?【マイホーム新築】

2016-02-28_220053

増税によって大きく影響を受けるのは、マイホームや車などの大きな買い物です。とはいえ、増税前に全ての人が大きな買い物を済ませる事はできません。

増税前に新築を建てておく方が本当に良いのか、資金計画や住宅ローン減税の仕組みなどを元に考えてみましょう。 「増税前に新築した方が本当に良いのか?【マイホーム新築】」の続きを読む…

フラット35Sとは?金利や審査は厳しい?デメリットは?

2015-04-03_215210

フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して、35年間固定金利でお金を貸してくれる制度です。

フラット35を利用する為には、いくつかの条件をクリアする必要があります。国としては、経済政策としての一面と、長期間に渡って良質な家を建築していくことを目的としているからです。 「フラット35Sとは?金利や審査は厳しい?デメリットは?」の続きを読む…