新築の坪単価の相場?安くて良い建物を建てるには?【注文住宅】


マイホーム新築を検討するとき、失敗したくないと誰もが思います。間取りや住宅設備機器など慎重に選んでも結果的に失敗してしまうというケースも少なくありません。

そこで、新築の坪単価や相場、安くて良い建物の建て方を解説します。


スポンサーリンク


注文住宅の坪単価はどれぐらい?

a1180_012097
注文住宅とは、家造りを一から行うことを言いますが、現在では、セミオーダーの家も注文住宅と呼ぶケースが増えています。

セミオーダーとは、一定のパターンの中から自分に合ったプランを選び、住宅機器などを選択していく家の建て方です。

一から作るとなると、間取りなど、素人考えで逆に使いにくくなり失敗してしまうケースもあるようです。その為、複数のパターンの中から選択していくというセミオーダーの家づくりが人気です。

セミオーダーの家を含めた坪単価ですが、全国的に50万円~60万円が相場です。
⇒参考:国土交通省の住宅着工統計データ

●こちらもご参考下さい。
⇒大手ハウスメーカーの坪単価一覧表【徹底比較】
⇒みんなが選ぶハウスメーカーランキング♪坪単価や評判は?

坪単価の考え方

家を建てる人にとって坪単価の平均や相場を気にする人が多いと思いますが、本来は坪単価の平均・相場という考え方は間違っています。

本当の意味での注文住宅とは、あなただけの専用住宅ですから、世界に1つだけの家になるはずです。世界に1棟しかない家なのに坪単価を比較するっておかしいと思いませんか?

本来は比較のしようがないのですが、比較したくなるのは、「割高」ではないか?という心理が働くからです。

「割高」かどうか?実際これが一番大切です。一般ユーザー(施主)にとって家造りは不透明な点が多く分かりにくい為、提示された見積が高いのか安いのか判断できません。

融資限度額に合わせて作ってあるだけではないのか?等など・・・
分からない部分が多すぎて、本当に信頼できるのかと考えてしまいます。

坪単価を下げる方法~割高で失敗しない為に・・・~

建築業界に務めていることもあり、友人・知り合いから家造りについて多くの相談を受けます。

その中で断トツに多いのが「坪単価が高い」や「坪単価が安い工務店を教えてくれ」などです。
友人には、できるだけ沢山の見積を取るようにアドバイスします。(忙しいとは思いますが・・・)

見積を取る際には・・・
複数社から見積を取る際には、建材・住宅設備機器・間取り・建築坪数が違うと比較が難しくなりますので、ご注意下さい。
友人の例~どう計算したら、そこまで金額が落ちるのか?!~

友人の第一候補だったA工務店(A社)の見積が坪単価59万円と想像していたより高かったということで、その他の工務店やハウスメーカーからも見積を取るようアドバイスしました。

【本体工事費】

  A社 B社 C社 D社
本体工事費 2006万円 1718万円 1820万円 1629円
建築坪数 34坪 35.8坪 35坪 36.2坪
坪単価 59万円 48万円 52万円 45万円

金額だけで比べると、D社が一番安くて良さそうですが、家造りは本体工事費だけではありません。
【別途工事費】

  A社 B社 C社 D社
別途工事費 55万円 60万円 58万円 50万円


【総建築費】

  A社 B社 C社 D社
本体工事費 2006万円 1718万円 1820万円 1629万円
別途工事費 55万円 60万円 58万円 50万円
値引き
総合計 2061万円 1778万円 1878万円 1679万円

金額だけで比べるなら、圧倒的にD社が安いです。一番高いA社と比較すると、-3,820,000円安いです。相見積もりの結果を受け、A社に高かったことを伝えると、1,750万円まで下げると言ってきました。

相見積もり取るだけで、310万円も下がりました。一部仕様変更はありましたが、310万円下がると、A社に不信感を感じませんか?

どれだけ粗利を取られていたのかと考えるとゾッとします。1社しか見積を取らずに依頼した場合、310万円分割高で購入したことになります。

結果的には、設備や間取り、材木の材種や等級など総合的に判断してC社に決めました。それでも、A社と比べると180万円の差があります。

⇒相見積もりで310万円得した方法はこちらから

割高で失敗しない為には・・・

2015-08-02_233213
割高で苦い思いをしない為にも相見積もりは絶対に必要です。

依頼したいと考えている工務店やハウスメーカがある場合、依頼先を決めている場合でも相見積もりを必ず取りましょう。

見積を一項目づつ比べることで、工務店・ハウスメーカーの得意不得意が見えてきます。間取り、工法、家造りの特徴、住宅設備機器(水回りなど)のグレード、外装板のグレード等など・・・

比較検討で家造りに対する考え方がガラリと変わるはずです。
営業マンは基本的に良いことしか言いません。他社の良い部分を話す営業マンも時にはいますが、そういう場合は、必ず自社が優れているということを話に盛り込みます。

あなたの担当営業マンが良い人・悪い人という話ではありませんが、家づくりで8割の人が失敗したと答えるのが現実です。

大きな金額の買物ですから絶対に失敗したくないものです。少しの手間は掛かりますが、これからマイホームの計画を始める人は必ず複数社から見積を取りましょう。

おすすめの方法

実際に300万円以上価格を下げた方法は、全国300社以上の優良注文住宅会社から計画書(見積)を取れる「タウンライフ家造り」を活用しました。

→タウンライフ家づくりの評判や口コミ!どんな会社が運営してる?

例えば、大阪北区で一括見積りすると、以下のハウスメーカー・工務店の相見積もりが取れます。

  • 三菱地所
  • アイフルホーム藤井寺店
  • タマホーム株式会社
  • 大和ハウス工業株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 株式会社イースマイル
  • 株式会社椎葉工務店
  • エースホーム
  • 等など

所要時間は5分程度で完了するので、後は資料が届くのを待つだけです。
全国300社以上のハウスメーカー・工務店からの見積を簡単に取ることができます。

ご自分がお住まいの地域はどの工務店が登録していあるのかチェックしてみて下さい。
この工務店やハウスメーカーは嫌だという場合は、チェックを外すことも可能です。

家造りに失敗しないために簡単かつ効果的な方法ですので是非活用してみて下さい。

⇒タウンライフ家づくりはこちらから




【注文住宅をご検討の方へ】
ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

今なら無料の見積もりをするだけで、

ココ→http://www.town-life.jp/

「成功する家作り7つの法則」も貰えます。


【リフォームをご検討の方へ・・・】
 会社によって提案力も千差万別・・・

リフォーム会社は手案力も千差万別です・・・
  それならまずは無料で色々な会社からプランの提案や見積書を貰って比較するところから始めてみると検討の幅も広がって面白いと思います。

 今なら無料の見積もりをお願いするだけで

ココ→http://www.town-life.jp/reform/

 「成功するリフォーム7つの法則」も貰えます


2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか?
同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます♪♪

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.