引越前と引越後に必要な手続きや注意点まとめ


次から次に様々な手続きが発生する引越しは、全体を把握しておき、少しでも余計な出費や手間を防がなければなりません。

今回は、引越し前・当日・引越し後の、それぞれの段階で発生する手続きと、併せて知っておきたい注意点についてご紹介します。


スポンサーリンク





管理におすすめの家具屋はこちら

引越し前の手続き・引っ越し作業

PASONAZ160306220I9A2231_TP_V
引越しの準備は予想以上に時間を要する作業です。引越しが決定したら、早めに以下の手続きに取り掛かるようにしましょう。

引越し業者から見積もりを取る

引越しの見積もりは、必ず複数社に依頼しましょう。ネット複数見積もりを取る場合は、悪質なサイトになると、申し込んでいない業者にまで個人情報が拡散されてしまうものもありますので、企業名が記載された信頼できるサービスを選ぶようにしましょう。

管理会社に退去の連絡 ※賃貸の場合

現在のお住まいが賃貸物件の場合、何日前までに退去の連絡が必要か、契約書で確認しておきましょう。同時に、原状回復ハウスクリーニングの費用負担割合なども記載がないか目を通しておかなければ、退去時に支払いが発生する恐れもあります。

また、管理会社へ退去の連絡をする際は、立ち合いの有無や、鍵の返却方法、敷金の清算方法なども併せて確認しておきましょう。

現在使用している公共料金の解約

公共料金の解約は、退去する日を電話で連絡するのみで済むものがほとんどですが、立ち合いが必要なものや、保証金の清算を現金で行わなければならないものもあります。

新しく利用する公共料金の申込

こちらは引越し先の家で使う公共料金への連絡です。引越し先が新築のマイホームの場合はハウスメーカーから、賃貸物件の場合は管理会社から、公共料金の申し込み先リストをもらうことができます。実際に使用を開始する日を早めに連絡し、引越し後にすぐに使えるように手配しておきましょう。

引越し前の手続き・各種届出

年金・健康保険は、会社勤めの方であれば社会保険・年金の手続きを会社が行いますので、会社への報告のみで完了します。

しかし、個人事業主の方は、これらの届出を自分で行わなければなりません。自治体によっては、身分証明書に加えて、マイナンバーカードまたは通知の提出を求められることもありますので、早めに手続きを済ませておきましょう。

また、市町村を移す場合と、同じ市町村内で引っ越す場合では手続きの内容が異なります。

市町村を移す場合

引越しで市町村を変える場合は、引っ越し前に住んでいる市町村の役場で以下の手続きを済ませておきます。

・転出証明書の取得
・健康保険証の返却
・健康保険証の資格喪失の手続き

なお、健康保険証の資格喪失後は、14日以内に引越し先の自治体で加入手続きを行わなければなりませんので、引越しスケジュールと調整して喪失日を決めておきましょう。

同じ市町村内に引っ越す場合

同じ市町村内で引っ越しをする場合は、「転居届」を役場に提出するのみで済みます。この場合も、身分証明書に加えて、マイナンバーカードの提出を求められることがあります。健康保険証に関しても、住所変更のみで手続きは完了します。

引越し当日の手続き

b98d47f19af1f7a7eb246949c015416e_s
引越しの当日は、スムーズに荷物の搬入が行えるように、段ボールへの積み込みや寝具・カーペットの梱包などを済ませておきましょう。積み込み作業と同時に梱包をしていると、搬入の途中でトラックに入らず、追加料金が発生してしまう恐れがあります。

無事に荷物が搬入できたあとは、残ったゴミの処分や清掃、私物の撤去が必要です。

引越しは時間との闘い
予想よりも出るゴミの量が多く、退去日当日までにゴミ出しが終わらず鍵の返却が行えない、といったケースもありますので、引越し作業はできるだけ午前中に済ませておいた方が良いでしょう。

引っ越し後の手続き

5ab92bc95a09cb154d7518adf1cb55e0_s
引越し当日は、待機しているトラックが長期間停車して、新居周辺に迷惑をかけないように、引越し業者が到着する前までに現地に到着しておきましょう。その際、荷物が搬入される前に、どの家具をどこに置くか、おおよその位置で良いのであらかじめ決めておくことをおすすめします。

特に、ベッドやタンスなどの大型家具は、引っ越し業者がそこに置いてしまうと、自分たちで移動させるのはとても大変です。これらの大型家具だけでも優先して配置を考えておきましょう。

引越し先の役場での手続き

個人事業主で、引越しで市町村を移った方は、新しく住む市町村の役場で各種手続きも必要です。

・転出証明書の提出
・転入届の提出
・健康保険証の住所変更
・国民年金の住所変更

大半の役場では、健康保険証と年金関係の手続きが同時に行われます。

まとめ

引越しは、完璧なスケジュールを組んでも、実際には全てがスムーズに進むとは限らないものです。急な手続きや支払いが生じても対応できるよう、スケジュールや予算に余裕を持つことはもちろん、どのタイミングでどのような手続きが発生するかも把握しておきましょう。



【注文住宅をご検討の方へ】

ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。


ココ→http://www.town-life.jp/



【土地建物売却予定の方へ・・・】

不動産を1円でも高く売るなら一括査定で比較見積もり!!
査定する側も比較されていると分かっているから高値が付く!!

http://lp.mochiie.com/


【リフォームをご検討の方へ・・・】

 会社によって提案力も千差万別・・・

リフォーム会社は手案力も千差万別です・・・
  それならまずは無料で色々な会社からプランの提案や見積書を貰って比較するところから始めてみると検討の幅も広がって面白いと思います。

 今なら無料の見積もりをお願いするだけで

ココ→https://rehome-navi.com/


外壁塗装をご検討中の方へ・・・

外壁塗装は値段で決めてしまうと、
後悔してしまうケースがあります

安い塗料で塗装してしまい外壁がすぐに汚れたりなど等・・・
結果的に、再度塗装するはめになって大失敗!!

でも実は、良い塗料を使って、値段を安くする方法があります。
実際に100万円近く金額が下がったという方もいらっしゃいます。

>>100万円お得に外壁塗装する方法とは?


【引越予定の方へ】

料金が高い引越業者を使っていませんな??雑なサービスをする業者を使いますか??
最短45秒で最安値の引越業者を見つけることができます^^

https://hikkoshizamurai.jp
いまなら最大10万円キャッシュバック中♪♪

住宅ローンをご検討中の方へ・・・

住宅ローンは、提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性があります。
住宅ローンの選定の再に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ審査申し込みをすることです。
【住宅ローン一括審査申し込み】なら最大11社の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能に!

20分程度の入力時間で、数百万円の節約に成功することも!?
住宅ローン一括審査申し込みはこちらから

2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか?
同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから
スポンサーリンク


↑管理におすすめの家具屋はこちら↑

合わせて読みたい記事

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます♪♪

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.