パナソニックのホームエレベーターがおすすめの理由!!


パナソニックのホームエレベーターの価格や維持費は?ホームエレベータは、費用が高くて一般人が設置するような代物ではないと思っていませんか?


スポンサーリンク


パナソニックのホームエレベーターはシェア率65.2%で国内NO.1です。選ばれるには理由があります。パナのホームエレベーターの特徴を分かりやすく解説します。

パナのホームエレベーターは電気代が安い

2015-02-18_221740【パナソニック公式HPより引用 http://panasonic.jp/ 】

ホームエレベータが電気代が高額になるというイメージがありませんか?実は、1日20回使用したとして、月額600円前後の電気代で済みます。

想像していたより安いと思いませんか?

自家発電するジョイモダンS200シリーズ

ジョイモダンシリーズは、油圧式のホームエレベーターで、摩擦を利用して自発発電します。通常のホームエレベーターが月額600円の電気代に対して、ジョイモダンは、月額430円(1日20回使用)で済みます。

自発発電
たくさんの電気を発電するわけではありませんが、毎月200円前後、電気代が下がります。お得なのは勿論ですが、エコなホームエレベーターです。

メンテナンス費用が他社よりも安い!!

ホームエレベーターを安全にお使いいただくには、定期的なメンテナンスが必要になります。

パナソニックの定期点検年1回コース⇒40,000円/年
他社の一般的な定期点検1回コース⇒60,000円前後/年
パナソニックのバッテリー電池交換作業費⇒点検料金に含む
一般的なメーカーのバッテリー電池交換作業費⇒30,000円~40,000円/1回

【メンテナンス契約料金に含まれるサービス】

  • 定期点検
  • 定期検査
  • 緊急出動
  • 故障出動
  • 停電時自動着床装置用バッテリー交換

パナソニックのホームエレベーターの商品特徴

1.ナノイー発生装置搭載

パナホームエレベーターナノイー画像【パナソニック公式HPより引用 http://panasonic.jp/ 】

ナノイー機能搭載(高効率ハニカム触媒月)はパナソニックならではの機能です。

日常生活の中で様々用途で利用するホームエレベーターですから、臭いも気になります。壁に付着した臭いをナノイーが取り、高効率ハニカム触媒が吸い取ります。
※一部商品はオプションです。

臭いを軽減します。
芳香剤ではありませんから、瞬時に臭いが消えるわけではありません。自動運転モードで徐々に臭いを軽減してくれます。

小規模な老人ホームなどにオススメの機能です。

挟まれ防止センサー

2015-02-18_225350【パナソニック公式HPより引用 http://panasonic.jp/ 】

「マルチビームドアセンサー搭載」、非接触センサーにより、ドアに挟まれる心配が減りました。

以前は、1本のセンサーで感知していたドアセンサーですが、1本だけでは、身長が低い子どもや、車いす利用者を正確に感知することができませんでした。
※一部商品はオプションです。

ワンタッチ通報ボタン付き電話で365日24時間対応

ホームエレベーター緊急時手動着床装置【パナソニック公式HPより引用 http://panasonic.jp/ 】

万が一閉じ込められた場合でも、自力脱出ができるように「緊急時手動下方階着床装置」が標準装備です。365日24時間体制のフルサポートで安心です。

エレベーター内にある電話のボタンをワンタッチするとコールセンターに繋がります。専門スタッフが安全状況を確認しながら手動で下の階まで操作してくれます。

ご注意を!!
電話回線が必要です。IPフォンやケーブル電話は停電時に使えない場合があります。設置前に相談しましょう。※IP電話でも対応可能です。
その他の機能
P波センサー付き地震管制運転装置

大きな揺れの前には、必ずP波が発生します。そのP波を感知し、自動的に一番近い階に止まり、自動でドアが開きます。自動運転の際には、地震発生と避難運転を知らせる案内があります。

震度5以上⇒エレベーター休止
震度4以下⇒一定時間経過後に自動復帰

火災完成運転装置

火災が発生すると、自動運転で避難方向へ動きます。万が一、火災方向へ運転していた場合は、ドアが開かず、自動で避難できる階へ自動運転します。

延長ボタン

3分間の延長ボタンが標準装備されているので、車いすや荷物の積み込みも安心です。

戸開き不能救出運転

万が一、ものが挟まったりしてドアが開かない場合は、別の階に自動的に運転する機能です。

制御装置の二重化

エレベータールームが横揺れしないように、位置を保持するブレーキを二重化した機能です。

指定階不停止機能

停止させたくない階にエレベーターが停止させないように設定できます。

省エネ機能

エレベーター内の照明が自動で休止したり、通常運転時の省電力機能を搭載してあります。

電気代⇒月額450円~600円

2方向出入口

1階.2階.3階で乗り降りする出入口を変更できます。※オプション

リフォーム時やスペースが限定される場合に便利な機能です。

奥行き寸法変更

最大1390mmの奥行きをご家庭のスペースに合わせてサイズ変更が可能です。

3人乗りホームエレベーターは、車いすと介助者が縦に並んで乗り込めるサイズです。

まとめ

バリヤフリーは当たり前の時代になりました。これからは、フロアフリーの時代です。お部屋の数センチの段差は嫌うのに、大きな段差の階段は気にしないという考えはおかしいと思いませんか?

フロアフリーになれば、日当たりが良い2階を祖父母のお部屋にして、走り回る子ども部屋を1階にすることもできます。

最近は、2階建てにホームエレベーターを設置するケースが増えています。パナソニックの累計出荷台数6万件を突破しましたが、その中で、新築39%、リフォーム76%が2階建てにホームエレベーターを設置しています。

ホームエレベーターを設置すると、「安心、安全、快適」が実現します。案外手が届く範囲の金額で設置可能です。気になる方は工務店やパナソニック等にご相談されてみてはいかがでしょうか。

⇒「新築時におすすめのホームエレベーターは!!」こちらから
⇒「リフォームにおすすめのホームエレベーターは!!」こちらから




【注文住宅をご検討の方へ】
ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

今なら無料の見積もりをするだけで、

ココ→http://www.town-life.jp/

「成功する家作り7つの法則」も貰えます。


【リフォームをご検討の方へ・・・】
 会社によって提案力も千差万別・・・

リフォーム会社は手案力も千差万別です・・・
  それならまずは無料で色々な会社からプランの提案や見積書を貰って比較するところから始めてみると検討の幅も広がって面白いと思います。

 今なら無料の見積もりをお願いするだけで

ココ→http://www.town-life.jp/reform/

 「成功するリフォーム7つの法則」も貰えます


2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか?
同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます♪♪

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.