住宅ローン一を比較!大手銀行のローンシュミレーションが可能!


住宅ローンを検討するとき多くの人は、「どこからいくらまで借りられるのか?」を考える人が多いようです。ですが、住宅ローンは比較検討することで数百万の差が出ることがあります。

どこからなら借りられるのか?ではなく、どこから借りるのが一番有利な条件なのかを考える必要があります。


スポンサーリンク


⇒住宅ローンを一括申し込みするならこちらから

金利が安く、条件が良い金融機関の見つけ方

住宅ローン一括申し込み
ハウスメーカーや工務店、不動産屋の提携している銀行で決めてしまおうとしていませんか?本当に一番良い条件の銀行なのでしょうか?

金利が0.5%違うだけでも数百万損をすることもあります。
※参考ページ⇒【新築】マイホームの頭金の平均は?いくら必要なの?頭金無し?

数十年単位で支払っていくのが住宅ローンです。長いお付き合いだからこそ、もっとこだわって条件の良い銀行(商品)を探すべきだと考えます。

良い物を安く手に入れる為には、どの分野においても相見積もりが最も効果的な方法です。

安ければ何でも良いという訳ではありませんが、住宅ローンは、金利以外の違い(特徴)がそれ程ありませんので、そういう意味で比較しやすい商品だと言えます。

相見積もりの取り方

時間がある人は、各銀行に出向いて、商品説明や特徴等を説明してもらい金利シュミレーションを作成してもらいましょう。

●こちらもご参考下さい。
⇒フラット35の説明はこちらから
⇒元利均等返済と元金均等返済方式!どちらがお得なのか?【違いは?】

フラット35について!!
意外と知られていませんが、フラット35の金利も取り扱い金融機関で違います。

金利が安いのは、楽天銀行や株式会社優良住宅ローンのフラット35です。

住宅ローンは人によっては人生最大の買物です。長期間に渡り返済していくものですから、無理してでも各銀行窓口に足を運び、納得いくまで比較検討したほうが良いと思います。

銀行に行く時間が無い人には!!

どうしても時間が取れない人は、WEBで複数の銀行に一括申し込みが出来るサービスがあります。

WEB申し込みの一括申し込みは、一度に4~5件前後の銀行に申し込みができるので、金利やその他条件の比較がしやすいと大変人気のサービスです。(ネットで一括申し込み&比較をする人が増えています。)

比較できる銀行は、住信SBIネット銀行や楽天銀行(金利選択型)、楽天銀行(フラット35)、常陽銀行、新生銀行、ソニー銀行、東京スター銀行、オリックス等の大手金融機関ですから安心です。

住宅ローンの一括申し込みは怪しくない?

ネットで申し込みすることに抵抗がある人もいらっしゃるかと思いますが、楽天銀行やソニー銀行、新生銀行、住信SBIネット銀行等の大手銀行が参加していることや、フラット35の取り扱いがあるという意味でも安心できるサービスだと言えます。(フラット35は国の政策の1つです。)

では、その銀行を取りまとめている運営会社はどのような会社でしょうか?

2015-04-06_203747

運営会社は?
  • 運営会社:株式会社イッカツ
  • 所在地:〒150-0031 東京都渋谷区桜ヶ丘町20-1渋谷インフォスタワー6F
  • 連絡先:TEL03-5784-1401 FAX03-5784-1403
  • 設立:2010年12月
  • 資本金:5400万円
  • 代表者:鈴木 敬
  • 公式HP:株式会社イッカツ
主要取引先

住信SBIネット銀行株式会社 / ソニー銀行株式会社 / 株式会社東京スター銀行 / 株式会社楽天銀行 / 株式会社常陽銀行/株式会社セゾンファンデックス / アコム株式会社 / SMBCコンシューマファイナンス株式会社 / アイフル株式会社/三井ホーム株式会社 / ミサワホーム株式会社 / 住友不動産株式会社/朝日火災海上保険株式会社/株式会社ファンコミュニケーションズ / 株式会社アドウェイズ / GMOイノベーターズ株式会社

株式会社イッカツという会社が住宅本舗というブランドで営業しています。

最近では、引越や自動車買取、保険、塗装等など、様々なサービスで一括比較・申し込みサービスが増えていますが、住宅ローンの一括申し込みはここしかありません。

株式会社イッカツは、住宅ローンなどの金融商品を管轄する省庁に対し、 綿密な確認を行い、関係省庁、提携している金融機関からの お墨付きをいただいた唯一のサービスだからこそ、多くの人に利用されています。

安心のポイントとしては、

国際規格であるISO27001

を取得しておりますので安心してご利用いただけます。

一括して申し込みする際には無料のアプリを使う必要がありますが、ユーザーの不安を無くす為に、「情報入力システム、情報入力方法、及び情報入力プログラム」の特許を取得しています。(特許番号第5476503号)

住宅ローン一括申し込みの具体的な流れ

2015-04-07_205532

申し込みに必要な項目を打ち込んでいきますが、所要時間は10分から15分程度と簡単です。

まずは基本情報を記入していきます。このページは5分も掛かりません。全て入力後、次へのボタンをクリックします。
2015-04-07_205733

申込可能な金融機関の一覧が表示されます。
2015-04-07_205848

毎月の支払額が一覧で表示されます。残念ながらブログ内で金利公開が禁止されています。ご自分の目で確認してみて下さい。
2015-04-07_205905

一括申し込みのデメリット

希望の銀行・地元の銀行が提携してない。
地元の銀行ではなくても借り入れが可能です。
希望の銀行がある場合には、WEBで一括申し込み後に、ご自分の希望の銀行にも仮審査の申し込みをしましょう。ご希望の銀行にも申し込みすることで、より明確な比較になります。
窓口で話をする訳ではないので、最終的な決断ができない。
電話問い合わせが可能です。もっと具体的に聞きたい場合には、地元の銀行に質問するのも1つの手です。ネットも地元の銀行も内容は大体同じです。(金利等の条件は違います)
不動産屋や工務店、ハウスメーカーの提携銀行ではないので、相談しにくい。
不動産屋、工務店、ハウスメーカーは銀行融資が目的ではありません。あくまでも家を売ることが目的です。極端な話、売れればどこの銀行でも良いのです。

サービスの一貫として、また、少しでも融通が効くように銀行と提携しているにすぎません。遠慮せずにどんどん相談しましょう。




【注文住宅をご検討の方へ】
ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

今なら無料の見積もりをするだけで、

ココ→http://www.town-life.jp/

「成功する家作り7つの法則」も貰えます。


【リフォームをご検討の方へ・・・】
 会社によって提案力も千差万別・・・

リフォーム会社は手案力も千差万別です・・・
  それならまずは無料で色々な会社からプランの提案や見積書を貰って比較するところから始めてみると検討の幅も広がって面白いと思います。

 今なら無料の見積もりをお願いするだけで

ココ→http://www.town-life.jp/reform/

 「成功するリフォーム7つの法則」も貰えます


2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか?
同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます♪♪

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.